作品展『us-あなたたちとわたしたち-』


Solo Exhibition “Us – You & Us”

会期:
2018年11月16日(金)〜1月29日(火)

会場:
木ニセコ
(札幌)

from Nov. 16 2018 to Jan.29 2019
Venue: Ki Niseko
(Kutchan, Hokkaido, JAPAN)

個展『おかえりなさい』の作品に新作3点を追加し、全9点を展示いたしました。


 橋は二つ以上の地点を繋ぐ構造物であり、橋の向こうは、それが遠くても近くても、ふだん自分が暮らすところとは別のところです。別のところ、別の世界に行くこと、そこで過ごすことは、橋を渡る者に、「ふだん」のなかにない知識や体験を与え、橋を渡る者を更新させ、また橋を渡って戻ったときには、前とは違う状態にさせることがあると思っています。橋がなくてはいけないところ、境界の存在、あるいは境界という概念の存在が、「自分がいるところ」と「ふだん自分がいないところ」という違い、「自分」と「自分でないもの」という違いを生み出し、自分でない誰かを見つめさせ、誰かを認識することを介して自分自身を見つめさせているのではないでしょうか。境界とは実のところ何でしょう。それはいつ生まれるのでしょうか。そしてもし、その境界を渡るのに橋を必要としない世界になるとしたら、それはどのような世界になるでしょう。

A bridge is a structure carrying a pathway connecting two or more points. (My philosophy of a bridge carries a deep meaning. ) Whether the bridge is short or long, it will take us to somewhere special, somewhere different from where we (were), and even to a different world. By crossing a bridge, it will give us wisdoms and experiences.
The difference between the points of a bridge are where you exist and where you don’t. You are at the one end and looking at others at the other end. Understanding others is to actually understanding yourselves. A bridge is something so special so that you realise who you are.
What is a boundary? When is it born? If you are going to cross a boundary and we don’t need a bridge anymore, what kind of world will we be in?

会場風景

知らない言葉-氷の世界, 2018, WF3, acrylic, whitewash, paperpowder on canvas

知らない言葉-こだま-, 2019, SM, acrylic, whitewash, paperpowder on canvas