作品展『息と気配』


Solo Exhibition “Breath and sign”

会期:
2018年11月15日(木)~12月15日(土)

会場:
寿珈琲
(札幌)

from Nov. 15 to Dec. 15 2018
Venue: Kotobuki coffee
(Sapporo city, Hokkaido, JAPAN)

ふだん狼を描くことも多いのですが、過去の作品を見直していると「花」や「岩、山」を描いた作品も多いことに気がつきました。花と岩では、その存在の仕方、質感など色々なことが違いますが、花占い、花言葉などや盤座のように、なにか人の思いをのせたり、信仰の対象となったりすることもあるものという意味で、どこかに共通点があるのかもしれないと思いました。きっと花も岩も、そんなことは気にしていないのでしょうけど、私たち人間の想像力のようなものは、身の回りの様々なものを依代としてあてにしているのかもしれません。想像力が生むそれは果たして、人間さえいれば発生するものでしょうか。それとも、対象がその花だから、その岩だから生まれるものでしょうか。もし対象を限定して生まれてくるなら、その対象には何があり、それに触れる人間は何を持っていて、二つの間には何があるのでしょう。

会場風景
会場風景
“昨日”, 2018, 100 x 100mm, acrylic, whitewash, paperpowder on canvas
“明日”, 2018, 100 x 100mm, acrylic, whitewash, paperpowder on canvas